ロレックス時計のローズゴールドと非常に良い微妙な輝きを与えるために磨かれています

こんにちは友人。私は新しいレプリカロレックスの時計のレビューで戻ってきたが、私は上に行く前に、私はこの特定の時計を選んだ理由を説明しましょう。実際にはいくつかの理由があります。あなたが見ることができるように、それはそれがユニークになります典型的なのデザインとは大きく異なりますが、より多くのように後で。その他の理由は、友人のお母さんが、バレンタインデーに夫に買ってもらうための時計を彼女に考えてもらうように頼んだからです。私はとても光栄に感じ、このレプリカチェリーニは、私はあなたがここでそれを購入できることをお勧め時計です。私は少し説明が適切にこのチェリーニレプリカのレビューを感謝する必要があると感じた。

高品質の時計は、世界時計メーカーとしてのロレックスの高い需要と評判のためにそれほど乏しいものではありません。しかし、レプリカと私の経験で、それは常に複製することは比較的容易である人のために行く方が良いです。一日の終わりに、あなたは実質的に元と同じであり、それは間違いなくこのチェリーニレプリカの場合であるクロックで終わることができます。

私は時計の主な強みと私のロレックスチェリーニレプリカのレビューを開始するつもりです。それは間違いなく古典的でクラシックな時計です。それはあなたがそれに目を置く瞬間から明らかだ。あなたが得る感じは、この時計は、時計は2014でわずか3年前にリリースされたものの、可能な限りヴィンテージとして見て設計されたことです。これは正確に私は友人のママにそれをお勧め理由です。

このロレックス時計は黒とピンクの金だけでダブルトーンです。実質的にすべての金属部品はピンクゴールドと他のすべてが黒です。時間マーカーは、細長いされているピンクゴールドのスロットであり、2つに分かれています,おそらく時間とMinuteoの手のために,これもピンクゴールドです.アレンジはきちんとしていると思いますが、その分手を少し短く見えるようにしています。あまりにもピンクゴールドである秒針は、それが完全に到達するマーカーを持っています。

それは私がすべての手のためのマーカーを持って覚えていることができる数少ない時計の一つです。ケースと時計の背面には、ロレックスのローズゴールドと非常に良い微妙な輝きを与えるために磨かれています。クラウンは、あまりにもローズゴールドであり、それに刻まれた素敵なロレックスのロゴを持っています。ないクロノメーターや豪華な追加も、日付のウィンドウではありません。それは、仕掛けなしで作品を言うだけの単純な瞬間です。

このロレックスのレプリカのレビューは、時計の動きに触れることなく完了することはできません。私は時計が運動運動を持っているとき、この時計は、日本の御代田の様々で、ちょうどそれを持っているとき、私はいつも満足している。機械式時計は、現代の発明のように見えるが、彼らは実際に時計を供給する古い方法のプレビューであり、これは時計の古典的な雰囲気にもっと貸す。これは、私は、古い世代の人、またはこのレビューを読んでも誰もが感謝するチェリーニレプリカを願って別のものです。

今ロレックスチェリーニレプリカのレビューの一部は、おそらく興味ほとんどの人。どのように正確に模倣時計は手首を見ていません。私はそれが特別な機会のための時計だと言わなければならない。それはあなたがサッカーの試合やランニングのために使用するもののようには見えません。それはあなたが印象を確認したい正式な調整に適しています。この時計の革ストラップは、伝統的なの金属製のブレスレットの方向に素晴らしい変化です。チェリーニレザーストラップとチェリーニブラックダイヤルは、時計の他のピンクゴールドの部分を補完します。かなり美しく、時計の顔に目立っている。

ロレックス時計の高精度の動きを最適に保護します

新しい世代の古典的なオイスターパーペチュアルデイトジャスト41の904スチール版を提供しています,だけでなく、白のロレゾールバージョン(904スチールと18kホワイトゴールドの組み合わせ)18カラットのホワイトゴールド紋ベゼル,から選択する球の幅広い選択で利用可能な両方.2016で発表されたバージョンロレゾールアマリロとロレゾールエバーローズのラインでは、新しいデイトジャスト41は、時計製造技術の最前線で、41ミリメートルとロレックスの新しいキャリバー3235の再設計ボックスを装備しています:14特許、新しいクロナジーエスケープと約70時間のランニングリザーブ。

すべてのロレックスの時計と同様に、新しいデイトジャスト41は、手首に卓越したパフォーマンスを確保するために2015でによって再定義された最上級のクロノメーター認定を持っている。

その時代を超越した美学とその機能の両方の古典的な時計の原型です。1945で生まれ、それは最初のクロノメーター、結晶は、すべての主要な技術革新は、これまでにロレックスが腕時計に貢献した3時間の位置に位置する球に挿入されたウィンドウ内の日付を示す自動と気密の腕時計です。美学に関連して、デイトジャストは、今日でも、それは世界の最も認識され、認識可能な時計の1つを作る、不変のコードは、年間の経過とともに保持している。

同じロレックスの時計で金とスチールの組み合わせは、ロレゾールは、名前が登録された日付1933以来、ブランドの真の署名を前提としています。それは2つの金属間の理想的な遭遇である:1つ、気高いおよび貴重、その輝きおよびinalterabilityによって魅了される;その他、その抵抗の評判は、堅牢性と信頼性を保証します。

これらの特徴は、ロレックスの時計によって実現されるエレガンスとパフォーマンスの融合を完全に反映しています。ホワイトロレゾールモデルでは、ミドルとカフは904スチール製で、ローレットベゼルは18kホワイトゴールドです。

100メートルまでの水密を保証するデイトジャストオイスターボックス41は、堅牢性、プロポーション、エレガンスの一例です。その特徴的なミドルは、スチール904lのソリッドブロックに刻まれています。そのリブボトムは、ムーブメントにアクセスする唯一の時計を可能にする特殊なツールで密封されています。インロックの二重気密システムを装備した王冠はハウジングにしっかりとねじで固定される。ガラスについては、日付のより良い読書のための3時間の位置にサイクロプスのレンズで戴冠し、サファイアの事実上不可能スクラッチに行われます。完全に気密、デイトジャスト41オイスターボックスは、ロレックスの高精度の動きを最適に保護します。

デイトジャスト41は、が開発・製造した新世代ムーブメントであるキャリバー3235を搭載しています。時計製造の最前線にあるロレックスの技術を結集したこの自動巻きムーブメントは、14件の特許によってサポートされており、精度、自律性、耐衝撃性、磁界、使い心地、信頼性の向上に不可欠です。

これは、新しいロレックスの特許を取得したクロナジーの排気を備えています,優れた操作上の安全性と高いエネルギー性能を兼ね備えています.これは、ニッケル-リンで作られ、また、磁気障害に鈍感です。発振器は、クロックの真の中心は、ブルーパラスパイラルの最適化されたバージョンを備えています。特許を取得し、によって製造された排他的な常磁性合金では、それが吹く場合には、従来のスパイラルよりも10倍以上の精度です。それはすべての位置でその規則性を保証するの曲線が提供されています。キャリバー3235は、永久ロータの自動巻き機構を備えています。その新しい凧のアーキテクチャとその排気の優れた性能のおかげで、キャリバー3235の自律性は約70時間に到達するために行く。

新しいデイトジャスト41は、オイスターまたは引退したブレスレットが贈られます。904の鋼鉄の両方のソリッドリンクのブレスレットは箱との完全な視覚連続性を提供するベゼルの下で統合された新しい見えないクランプを装備している。これらのブレスレットは、オイスタークラスプ折りたたみクラスプが装備されており、快適なイージー拡張を持っている,によって特許を取得した独創的システム,簡単に約でその長さを調整することができます5ミリメートル,すべての状況で最適の快適さを提供するために.

すべての時計と同様に、デイトジャスト41は2015でロレックスによって再定義された最上級のクロノメーター認定を持っています。この排他的な宗派は、時計が正常に、その内部の研究所でによって実施された一連のテストを通過し、独自の基準によると、より多くの時計の基準よりも厳しい証明。これらの認定試験は、時計のセットに精度、気密性、自動ロープと自律性の面で手首にその最上級のパフォーマンスを保証するために実施されています。マッチの後の最上級クロノメーターの精度は、1日あたりの-2/+2秒の順序、すなわち公式のクロノメーターに必要な倍以上のものです。最上級のクロノメーターの状態は、すべての時計を含む緑のシールに象徴されており、国際5年間の保証が付属しています。

ジャガールクルト時計で最も尊敬された名前の一つであり

2015年、マスターグランデ伝統分リピーター腕時計のリリース。ジャガールクルト時計で最も尊敬された名前の一つであり、優しくグランド・メゾン」と呼ばれ、「偉大な製造として大まかに翻訳することができます。その豊かな182年の歴史の中で、同社は千以上の口径、400ほどの特許登録とその名前に多くの発明品を持っています。とは、過去の世紀の大部分のために、それさえパテックフィリップ、オーデマピゲ運動ブランクを設け、ヴァシュロン・コンスタンタン。口径920は、これの大きな例ですとまだ参照山田極薄のロイヤルオークにおけるオーデマピゲによって今日でも使用され、また「ジャンボとして知られている。

それはほとんどすべての時計メーカーの合併症に精通していることの1つである。そのnew-for-2015マスターグランデ伝統グランデ複雑化(ここでは、実際の)飛行軌道のトゥールビヨンを特徴とする、恒星時の表示、およびミニッツリピーター、その証拠です。ミニッツリピーターといえば、これらはジャガールクルトの専門の何かです。昨年は2014年のワールドでは、製造そのツノmechanicaコレクションの第11の時計を発表、マスター超薄ミニッツリピーターフライングトゥールビヨン、生産において最も薄い分リピーター腕時計となった。それだけでなく、それはまたフライングトゥールビヨンを特徴として、自己を巻きました。明らかに、ミニッツリピーターの合併症との親和性を有している。

2015年のために、リリースマスターコレクションにおける特徴新しいミニッツリピーターとなっている。新しいマスター・グランデの伝統は、ミニッツリピーターは非常に古典的にスタイルとサイズ39mmピンクゴールドケースになると、ちょうど12.1mm厚い。しかし、より重要なことに、新しいマスター・グランデの伝統は、ミニッツリピーターの非常にきれいなダイヤルを持っています。参照番号5011410と5012550前モデル、口径947と947rを備えていました、そして忙しいダイヤルを持っていて、パワーリザーブと8と4時に筒トルク表示には、それぞれ、同様に6時に秒サブダイヤルします。新しいマスター・グランデの伝統は、ミニッツリピーター、参照番号5092520とパワーリザーブと筒トルク適応を削除し、わずか6時に秒サブダイヤルを持っています。人を探すのにあまりに忙しいがわずかに以前のモデルを見つけたジャガールクルトのコレクターのために、あなたの嘆願を聞きました。

しかし、ダイヤルは単純に見えるかもしれない間、その建設は何ですが。よく見ると、あなたはダイヤルと微細粒化しているのを見ながら、時間目印で実際に磨かれたピンクゴールドを使用して表示されます。また、ジャガールクルトの手仕上げの手にありました、そして、サンドブラスト仕上げ研磨との両方を備えている。

ダイヤルの下にビートジャガールクルトの口径942、組み立て、手で完全に飾られている。移動437のパーツから成り立ち、58と宝石を含む新しいロータ軸受22kゴールドロゴのと洗練された穀物を終了する。また、口径942フェイズで28800ビートと非常にまともな40時間のパワーリザーブされている。また、口径942の特別な結晶のゴングを特徴とし、トップシークレット合金からの単一の片から加工された。そして、ゴングを直接サファイア結晶が溶接されているので、ハンマーがストライキをするとき、それは拡声器の効果を作成し、簡単に聞こえるために、ミニッツリピーター機構を可能にします。

パテックフィリップ時計のリストを提供しています

2014で175周年を記念して、我々はfratello時計で最も高価なの時計の概要ではなく、また最も求められたの時計、または最も希少なパテックフィリップ時計のリストを提供しています。ヴィンテージ時計の中でちょうど私の個人的なトップ5は、種々の理由で選択し、ここで再提示。あなた自身のお気に入りのヴィンテージPateksは何ですか?

私の謙虚な意見では、すべての世界の時間の時計の世界時計は、パテックフィリップリファレンス2523は、確かに、非常にまれですが、また非常に美しい、そしてそれはなぜそれが0nこのリストです。ワールドタイムウォッチの2つの近代的なバージョンがあります,参照5130と5131.

ジェラルド玄太は、オーデマピゲロイヤルオークを作成した後,彼は多かれ少なかれパテックフィリップとiwcのためのそのデザインを複製.このノーチラス参照3700/1aは、オーデマピゲのロイヤルオークリファレンス5402STと同等であった。オウムガイ参照3700/1aは、ロイヤルオークと同じ動きを使用,1970年代後半まで,社内の動きのためにそれを交換したとき.このノーチラスの現代版は、パテックリファレンス5711/1aモデルです。

最も美しい、古典的なドレスの時計の一つは、私の意見では、パテックフィリップカラトラバリファレンス96です。非常にクリーンなデザイン:小さな秒で美しいダイヤルは、6oのクロックでサブ。それは非常に小さな時計ですが、あなたが離れても、その魅力のために、今日、それを着て得ることができる。その近代的な等価は、スモールセコンドとカラトラバのエレガントな、37ミリメートルバージョンです。

私はクロノグラフのための吸盤であり、この1940年代パテックフィリップリファレンス1579は、クロノグラフの時計のその特定の時代を表す美しい例です。美しい、エレガントな形のラグと2つのレジスタと素晴らしいダイヤル。手の残りの部分は、ケース、王冠とプッシャーと同じように、金である間クロノグラフ秒針は、ブルーです。

おそらく私は、この1つで少し¨ヴィンテージ〃の定義を伸ばしてmが、私は生産中止参照3940永久カレンダー時計に言及せずに私自身のトップ5ヴィンテージパテックフィリップリストを完了することができます。それは私がヴィンテージを考慮するのに十分な古い1985で導入されました。2006のリファレンス5140によって成功し、3940は、少なくとも私の目には、その後継者よりもプロポーションを持って非常にエレガントな36mmの時計です。

ウブロ時計の美的な賛辞は

はその最初のキング?パワー?チャンピオンは、2012年に短距離選手ウサイン?ボルトを専用の時計は、ロンドン?オリンピックの前に。この年、会社はより多くの2つの発射は、ビッグバンウブロのアイコンのコレクションからのこの時間。

ウブロビッグバンユニコウサイン?ボルトイエローゴールドとビッグバンユニコウサイン?ボルトは、セラミック、各限定版(後者は、前者については、250のための100個)、ジャマイカのボルトのためのマイルストーンが生まれた年を祝うために、ゴールドメダルの彼のかなりのアレイに追加設定され、2012年に2008とロンドンに北京で、200メートル走の19の第2のバリアを壊すことによって。適当にも、腕時計の1つは、18 kイエローゴールドケースにおいて、光ると、イエローゴールド色のゴムを縫い付けたカーフスキンストラップ。サテン仕上げとポリッシュドブラックセラミックなどの場合には、6つの形を表すボルトの日付への6つの選手権ゴールドベゼルのネジで、黒いゴムまたはschedoniレザーストラップのどちらかについてのすべてのストラップブラックのメッキチタンdeployant留め金で固定します。両方のモデルは、黄色と緑のハイライト機能(手、下位ダイヤルと分トラック)は、ジャマイカの旗の色は、反響と両方のひものエンボスジャマイカ旗をモチーフにしている。

両方の新しいモデル対策直径45 mmと運動のビューを提供しているサファイヤcasebackにビッグバンの場合、社内hub1242ユニコ程度。は、ユニコの統合を備え、コラムホイール制御フライバッククロノグラフ機能と3時の日付表示で透かしのダイヤルの上で。動き特徴の自動巻き、28800 vph周波数、及び72時間パワーリザーブ。11回世界チャンピオンへのウブロの美的な賛辞は、稲妻状の中央のクロノグラフの手とシルエットの図は、ボルトは、彼自身のクロノグラフsubdialに9時を含みます。

ウブロビッグバンユニコウサイン?ボルトイエローゴールド(411.cx 1189 vr usb16)42、000ドルで小売りされて、ブラックセラミックモデル22、000ドルの価格でした。